ADHD×ASD女の生活のあれこれ

毎日を生きやすくする情報を発信中

不適切な行動は、全体の5%にすぎない

適切な行動に注目を

家庭や会社で、こんなことを思うことはありませんか。

「うちの子、朝全然起きないの」「全然片付けないの」「あいつ、言うこと聞かないんだよ」等々。

人の不適切な行動に目がいくときです

f:id:nobi-bi:20210122094053p:plain

実際にできていないことはたくさんあるかもしれませんが、それは全体の5%くらいのことであって残りの95%は適切な行動をしています

とにかく95%の適切な行動に注目することが重要です

 

適切な行動をしているのに注目してもらえないと、今度は不適切な行動をして注目を得ようとしてしまいます。子供は悪いことをして怒られてでも注目を得たいのです(大声を出したり、床をドンドンしたり)

普段から適切な行動に注目していれば、子供がわざと変なことをすることは防げます。

相対的に叱る時間が減り、子供も自立していくことでしょう。

熊野英一(2018)『アドラー働き方改革 仕事も家庭も充実させたいパパのための本』小学館クリエイティブ P60-63

これは家庭に限ったことではなく、仕事でも同様です。子供も部下に対しても、まずは95%の適切な行動に注目しましょう

 

 

参考著書

働き方改革」は「職場でも家庭でも幸せになる改革」を目指すべきだとし、アドラー心理学を取り入れた幸せになる生き方を紹介しています。

 
タイトルは「パパのための本」となっていますが、男女関係なく読める本です。仕事も家庭も充実させたい方に読んでいただきたいです。
 
 

心理学 科学ブログ・テーマ
心理学