のびのび生きる

食、健康、メンタルヘルス

休職3ヶ月目の自分が今の世の中に思うこと

7月下旬に休職を言い渡され、

8月から休職に入りました。

10月も引き続き休職です

 

当時の自分を振り返ると共に

今の世の中に思うこと

伝えたいことを書きたいです。

 

当時の自分を振り返る

当時の自分はうつ病と診断されていた。

 

でも当然、信じない人もいた

「本当にうつ病だったら~しないよ」

等言われることもあった。

 

"そうか私はうつ病じゃないのか、甘えてるのかな"

なんて思っていた。

 

 

毎日、頑張って頑張って

車の中で泣きながら帰っていた。

そんな心境だったから、事故にも遭った

うつ状態での車の運転は危険だ

 

初めて死を感じた

意外に近いものだと分かった

こんなことをつぶやいた。

毎日、普通に生きているようだけど、常に死と隣り合わせ。我々は一瞬で終わる生命なのに、毎日生きているのって逆にすごい。

 

在宅勤務の時は泣きながら仕事をしていた。

突然、ベッドから動けなくなる日もあった

這いつくばってパソコンまで行った。

(今思えば、そんな自分怖すぎる)

 

そんな毎日で夜は眠れず、

身体も痩せ細っていった。

 

休職することを知った周りの人は

「最近痩せたよね、ガリガリだよ」と言った。

 

休職になる人は

勤怠に異常が出る人が多いらしい

私は休むことなく出勤していたため

自分も周りも異常に気付かなかった

 

 

強い人間などいない

弱くていい。泣いてもいい。

自分の感情に嘘をつきたくない。

 

生きる意味など考え出したら

いなくなりたいと思うから

そのようなことは考えない

 

他人に優しくあるように、

自分のことも愛し思いやれる人間になりたい

 

 

自分を大切に

うつ状態になると

人は正常な判断ができなくなる

 

何が正しくて、何が間違っているかなんて

分からない。

 

私は産業医から休職とされたこと

本当に感謝している。

 

当時、「助けられた命を大切にしたい」

そんなことを呟いていた。

 

肉体的には生きていたかもしれないけれど

あのまま仕事を続けていたら

心はなくなったであろう

 

皆さんにも是非、

自分を大切にしていただきたい。

 

常に笑顔じゃなくていい。

常に強くなくていい。

 

弱い自分を見せる勇気も大切だと思う

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村